矯正歯科の必要性【歯並びをスッキリ整えて健康に】

歯磨きする女性

歯の重要性

Medical care

役割とは

歯には2つの大きな役割があります。1つは物を噛み砕く役割、もう1つは人の外見をつかさどる役割です。2つの役割のうち、重視すべきは物を噛み砕く役割です。見た目は悪くても、物を噛み砕く役割さえ果たせていれば歯は機能する、つまり、歯の存在価値はあるわけです。 但し、近年は外見をつかさどる役割も以前に比べれば重視されつつあります。もっとも、それは物を噛み砕く役割を満足に果たせている上での話です。 ただ、外見をつかさどる役割は、精神面に深く関わっています。外見の不満足はコンプレックスの要因です。コンプレックスを抱えていては、日々の暮らしを謳歌できないものです。 ですから、本来は外見をつかさどる役割も物を噛み砕く役割と同等に重視されるべきものなのです。そのことが近年、やっと認識されるようになったため、外見をつかさどる役割が重視されるようになったと言えるでしょう。

審美的な治療

歯の外見をつかさどる役割は、歯医者で治療を受ければ概ね改善できます。歯医者の審美歯科という診療科目を目にしたことがあると思いますが、審美歯科が歯の見た目に関する治療を行っているところです。 審美歯科の代表的な治療は、歯を白くするホワイトニングです。白い歯は好ましいとされていますが、自分で歯を白くすることは困難です。ですから、ホワイトニングは非常に有効なわけです。 ただ、審美歯科ではなくても、審美的な治療は他にもあります。例えば、歯の矯正です。悪い歯並びを矯正すれば、見た目は格段に良くなります。そして、歯の矯正治療を受ける人のほとんどが、見た目の改善を目的にしているはずです。但し、歯の矯正は審美歯科ではなく、矯正歯科で行っています。 ですから、自分は何を改善したいのか、目的を明確にしてから受診した方が良いでしょう。また、歯科医に相談することも有効だと言えるでしょう。専門家ですから、最善策をアドバイスしてくれるはずです。